読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life Work is Human Being.

世界情勢や社会問題 環境問題といった あれこれを IT技術や科学技術 哲学などのあれこれで 解決したり議論する高尚な もはや日記とは呼べないようなものではなく ただの自己満足および自己顕示欲を満たすだけの もはや日記と呼ぶのもおこがましい 嗚呼 なんていうか それすなわち だたの日記

素晴らしきプラン

素晴らしいメソッドを見つけた。

 

(上: 原文, 下: 日本語訳)

open.buffer.com

www.lifehacker.jp

 

 

要約すると、

1.小さく始める:小さな習慣を毎日繰り返す。

2.一度に1つの習慣に集中する。

3.障害を取り除く:必要なものをすべてその場に用意しておく。

4.習慣を積み重ねる:現行のルーティンに新しいものを追加する。

ということだそうだ。

 

これは素晴らしい、素晴らしいぞ。これによりすごい成果が誰でも出せるだって?では、この方法の導入を、私も自分で少し考えてみるとしよう。

 

 

「小さく始める」

これについては、部屋をきれいに保つことを目標にしよう。きれいに保つだとまだ大きいか。部屋の掃除をしよう。もっと小さく。では、部屋のゴミ箱を空にする、にしよう。これだ。部屋をきれいに保つために、毎日ゴミ箱を空にする。

 

 

「一度に1つの習慣に集中する」

了解した、他の事は考えない。無心でゴミ箱を空にすることを毎日続けよう。疑問が生まれても他の事は考えず無心で続けよう。まるで滝に打たれている修行僧であるかのように黙々とゴミ箱を空にすることだけを実行しよう。

 

 

「障害を取り除く」

部屋のゴミ箱を空にできないのはなぜか?それはゴミ捨て日が決まっているためだろう。日にちを外部から指定されると毎日の行いが阻害される。ではどうする。ゴミ収集車に毎日来てもらうか?無理だ。そうだ、引っ越そう。高級マンションでは、ゴミ収集スペースにいつでも捨てていいようになっているはずだ。高級マンションに引っ越そう。これで毎日部屋のゴミ箱は空にできるはずだ。

 

 

「現行のルーティンに新しいものを追加する」

現行のルーティーンか、難しいな。何か日課にできているものはあるだろうか。そうだ、原点に帰ろう。人間の三大欲求で考えよう。三大欲求、それすなわち、睡眠欲、食欲、性欲。はっ!!毎日行っていることを発見してしまった。夜の行いだ。前と後、どちらでゴミ箱を空にするか。事後だと、気分がスッキリしてゴミ箱を空にすることを忘れそうだな。オ○ニーの前に毎日ゴミ箱をきれいにしよう。ゴミ箱を空にさえすれば三大欲求を満たせるため、これは実現可能性が極めて高いな。まるで、目の前にニンジンをぶら下げられたウマだ。完璧なプランだ。

 

 

 

ここで気がついた。

はて、これはどういうことだ。

場所は高級マンションの一室。

時間は夜。

毎日きれいな状態で夜の行いをできる。

しかもゴミ箱がきれいになるのは一瞬だけ。

 

 

すごい成果=最高のオ○ニー環境の構築。

以上。